5月10日(木)梅光学院大学、田中俊明先生とゼミ生による大学生と遊ぼう「春のさんぽみち~草花で遊ぼう~」

5月10日(木)こどものとなりで梅光学院大学、田中俊明先生とゼミ生による大学生と遊ぼう「春のさんぽみち~草花で遊ぼう~」がありました。今回は拠点周辺の里山を散策。日頃何気なく見ている道端の植物が食べられるんですって。エシャロットのような「ノビル」の球根(写真)、くず粉の原料の「葛」、つぼみの天ぷらがおいしい「アザミ」、春の「野イチゴ」・秋の「ほうろくイチゴ」、かじるとすっぱい「スイバ」「ふきのとう」など、沢山教えてもらいました。スイバの試食(?)もしました。ほんと!!すっぱかったです。いろいろな草花も教えてもらい、シロツメ草やアザミで指輪をつくってもらってニッコリのお友達も!!。かえるやちょうちょの観察も体験。こどものとなり名物(??)キジはオス1匹にメス多数でハーレム状態で過ごしているとの事。今度キジを見かけたら、一緒にハーレムを探してみましょうね。
お弁当もみんなでお外でパクパク、食欲倍増でしたよ~!!
お兄ちゃん・お姉ちゃんたちともすごく仲良しになって、10月の梅ケ峠の学生交流にも参加したいという声が早くも聞こえています。田中先生・ゼミ生のみなさん、楽しい時間をありがとうございました(し)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。